ゲーミングキーボードを仕事で使う steelseries APEX5 キープレスマクロの設定方法

ガジェット

前回のゲーミングキーボードを仕事で使う steelseries APEX5 プロフィールの設定方法に引き続き、今回はマクロの設定方法について説明したいと思います。

この記事を読むと・・

  • Steel Series APEX5 のマクロの設定方法がわかります
  • マクロの使用方法がわかります
  • 使い方次第で業務の効率化が出来ます

GoogleおよびGoogleChrome™ブラウザはGoogleLLCの商標であり、この記事はGoogleによって承認または提携されていません。

※こちらの記事は Googleブランドリソースセンター のガイダンスに従い作成しています。
https://about.google/brand-resource-center/guidance/media/#use-of-our-trademarks

この記事を書いた人
 taka
女子高校生の娘がいる在宅ワーカー
1995年のWindows95発表以来、暇さえあればインターネットで情報収集をしている。
教育現場でのICT活用に携わった経験をもつ。

スポンサーリンク

Engineを開く

SteelSeries GGEngineについては前回の記事で説明していますので、まだ使用したことが無い方はそちらの記事をご覧ください。

マクロの設定方法

今回はF1キーに ctrl +  の操作を割り当てたいと思います。

業務でページの一番下に移動する操作が度々発生するので、一つのキーで操作できるようにしたいと思います。Googleのスプレッドシートで最終行に移動するときにも使えます。

この作業自体は ctrl +  で簡単に移動できるのですが、 がキーボードの右側にあるため、左手のみで移動できるようにしてみようと思います。

設定するプロフィールを選択する

マクロを設定したいプロフィールを選択します。

今回はWORKというプロフィールを選択したので、左上にWORKと表示されています。

次に

1.キーバインド

2.マクロエディタ 起動 を選択します。

キープレス・マクロを設定する

2種類のマクロを設定できますが、今回はキープレス・マクロを設定します。

※キープレス・マクロ キーを押した順番を覚えて自動化できる

3.キープレス・マクロになっているのを確認します。クリックすると名称を変更できます。

4.開始を選択します。

5.自動化させたいキーを入力します。今回はctrl+キーです。

6.入力したら停止をくりっくします。開始のボタンと同じ位置です。

遅延オプションを選択する

7.登録したマクロには、キーを押すときにかかった時間も含まれている為、不要な場合は遅延なしを選び、タイムラグを無くします。※ソフトによって遅延が活かせる場合もあります。

これでマクロの登録は完了です。

マクロの実行方法

自分の好きなキーにマクロを割り当てることが出来ますが、業務に支障がないキーに割り当てる必要があります。今回はあまり使用しない F1 に設定します。

F1 通常はヘルプメニューが表示される

1.キーバインドの画面でマクロを設定したいキーを押します

2.マクロを選択します

3.キープレス・マクロの右側にチェックを入れます。(色が付きます)

4.終了を選択します。

※ループ(繰り返し)を設定する場合はこのメニューで設定できます。

終了するとキーバインドの画面に戻ります。マクロが設定されているキーはで目印が付きます。

保存をすると変更が反映されます。

マクロを解除する場合

設定したマクロを解除したい場合は、設定したキーを押してメニューを呼びだします。

初期設定を選択すると元の設定に戻ります。

マクロでキーボードを自分好みにカスタマイズ

今回はSteelSeriesのマクロの設定方法について記載しました。ファンクションキーや元々設定されている機能でも、人によっては使いにくい場合もあると思います。

私自身、このキーボードを使いこなしているわけではないのですが、キーのタッチが気に入っているので、購入して良かったと思っています。

少しでもゲーミングキーボードって仕事でつかえるの?と思っている方の参考になればと思います。

プロフィール
この記事を書いた人
taka

フリーの在宅ワーカー

【主な仕事】
企業様とのリモート案件
情報モラルサイトの運営
【趣味】
ネット検索
アニメ鑑賞
DIY
ソーイング など

ネットショッピングが大好き
購入して良かったもののレビューを書いています

takaをフォローする
ガジェット
フリーランスメモ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク